山手幼稚園

☆☆ What's News ☆☆
個人情報について
MAIN MENU
CONTENTS
スケジュール

前月 2018年 5月 翌月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<今日>

幼稚園専用


山手幼稚園で大切にしていること

↓↓↓ 写真をクリックすると、動画を再生します ※音量に注意 ↓↓↓


山手幼稚園では

はきものをそろえることを、

とても大切にしています。


この詩を書かかれたのは

長野県篠ノ井町にあります

円福寺のご住職、藤本幸邦和尚さんです。

山手幼稚園-はきものをそろえる

藤本幸邦和尚さんは戦争で親を亡くした子どもたちのために養護施設を開き、たくさんの子どもたちを育ててきた方です。

「そろえる(揃える)」という言葉を辞書で引くと「一カ所に集める」「整える」「必要なものを全部備える」等の意味が出てきます。

はきものをそろえると心もそろう

つまり、はきものを揃えるということは、心を一カ所に集める、心を整える、必要なもの、気持ちを含めてすべて備える、準備するということだと思っています。例えば、登園し靴を揃えてから教室に向かうということは、これから始まる学習への構えをもち、散らばっていた気持ちを整えて学習を始めるという意味をもつのではないかと思うのです。

ぬぐときにそろえておくとはくときに心がみだれない

例えば園庭で遊んで帰るとき、靴が揃えてあるのとないのではどんな違いがあるでしょう。ルールを守って元気よく楽しく遊んだ後、帰るとき靴が揃えてあればそのすがすがしく整った気持ちが失われることなく次につながっていきます。

だれかがみだしておいたらだまってそろえておいてあげよう

この一節もとても大切なことを私たちに教えてくれています。自分の靴が揃っているだけでは不十分です。子どもたち全員の靴が揃っていたということは、全ての子どもたちの心が揃っていたということです。自分が使う靴箱の靴が全部揃っていたら、幼稚園中の靴箱の靴が全部揃っていたらどんなに素敵でしょう。山手幼稚園の子どもたちの気持ちが揃い、整うということになります。

靴を揃えるということは、本当に小さなことかもしれませんが、大切なことだと思います。
プリンタ出力用画面 友達に伝える
Copyright (C)2001-2017 YAMATE-KINDERGARTEN ALL RIGHTS RESERVED.